プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

「美悪の華」は柳沢きみお臭がする

週刊漫画ゴラクでかつて掲載されていた「美悪の華」をご存知
だろうか。もしかしたら、倉科遼好きだったりすると読んでいる人
もいるかもしれない。

07060032.jpg
  美悪の華
  檜垣憲朗、倉科遼(2000年)
  日本文芸社



内容は、美しい美貌を持った男が、その美貌と悪魔じみた策略で、女
どもやヤクザなどを食い物にして、悪の頂点へとのぼりつめるという
ストーリー。

この主人公が、なんせジゴロで女を食い物にするのがうまい。
ヤクザの娘を喰い、大企業を経営する母と娘を喰い、財閥嬢を喰いと
まさにしびれる、あこがれるぅ。

さすが倉科遼というべきだろうか。これだけの原作をかける才能には
脱帽である。でも、こういうダーティーな人間の金に対する執着や
女に対するどろどろしさをえがくのは柳沢きみおもうまいと思って
いる。

そう考えると、倉科遼原案、柳沢きみお監修とかで作品を作ったら
めちゃくちゃアングラだけど、抜群のストーリ性を持った作品が
生まれるんじゃないだろうか。

それにしても、倉科遼も柳沢きみおも出している作品数の多さが
はんぱない。あれだけのストーリーを考えるとはスゴイぜ。
(まあ、倉科遼はプロダクションだとしても、やはりスゴイ)

「美悪の華」のエロスとバイオレンスをぜひ、その目で確かめて
欲しい!

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

<< 昔の小学生は「ボクはしたたか君」程度でよかった | ホーム | 新書紹介「組織戦略の考え方」、他4冊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。