プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

「博士の愛した数式」感想

本屋大賞受賞作品を読んでみた。

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る

80分しか記憶のもたない数学博士と、家政婦さん、その家政婦さんの
息子の悲しくも暖かい日々の生活を描いた物語。
お互いを尊重し、気遣う人としての優しさ、暖かさが伝わった。
特に博士のことを想い、小さいながらながらも一生懸命気遣う10歳
の息子の行動を見ると、心が温かくなった。

ただ、ある種、日々の悲しくも暖かな日常が最後まで続くかんじの
ため、ハッピーエンドとはまた違った構成となっているのが、個人的
に残念だった。もちろん、その構成が持ち味なのかもしれないが。

そういったハートフルな部分以外にも、特筆すべき点がある。
それは、「数式」がふんだんに使用されている点だ。
といっても実際に登場する「数式」は特に難しいものではなく、
中学受験レベルの算数だ。遠い昔、小学生のころ通っていた小さな
塾での算数の勉強を思い出し、一人懐かしくなってしまった。
数字嫌いな方も、これを読むと数字の魅力に気づくかもしれません。
素数はかっこいいね!

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

<< 新書レポートVOL.18 頭がいい人の敬語の使い方 | ホーム | 新書レポートVOL.17 今すぐできる!ファシリテ-ション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。