プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

新書レポートVOL.5 あなたの話は、なぜまわりくどいか

あなたの話は、なぜまわりくどいか (中公新書ラクレ)あなたの話は、なぜまわりくどいか (中公新書ラクレ)
(2006/07)
矢幡 洋

商品詳細を見る

【今回の新書】

<書名>あなたの話は、なぜまわりくどいか
<著者>矢幡 洋     <出版社>中央公論新社
<値段>777円      4121502213
<発売日>2006/07/10
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9980955848

【レビュー】 評価→★☆☆☆☆(星1つ)

〈購入理由〉
本のタイトルが、まさに自分に向けられているようで手に取らされて
しまった。この本を読んで、少しでも改善していきたい。

〈本の内容〉
4章で構成されている。
1章では、人の話し方のタイプには、大きくわけて「言葉が足りない」系と
「まわりくどい」系があるとし、イチロー・野茂・曙・安藤美姫などスポーツ
芸能人を中心に、例をあげながら紹介している。
2章では、「言葉が足りない」系の代表例として安藤美姫にスポットをあて、
説明している。
3章では、本題である「まわりくどい」系をさらに細分化して10個に分け、
それぞれを解説する。
最終章は、3章で説明した10個のパターンに当てはまることは決して悪い
ことではなく、企業活動の中では武器になると言っている。過度にならない
ようバランスをとってやっていけばうまくいくといった内容でしめている。

〈私の感想〉
期待はずれであった。

1章では著者は、例をあげて、よりわかりやすい説明を心がけているのは
伝わるのだが、読み手に興味を持たせようとしすぎて逆に読みづらくなって
いるように感じた。
2章など何が言いたいのかわからない。安藤美姫をバッシングしている
ようにしか感じられない。
そういった流れの中、3章に入っていくのだが、著者は3章出だしを「いよいよ
本題であるまわりくどい系~」と切り出しているのだが、「いよいよ」って、もう
P.114ですよ。本の半分以上使ってやっと本題って・・・著者自身の文章が
やや、まわりくどいと思った。
ここで紹介された10個のパターンだが、絶対どれかに当てはまるように
できている。私は、「網羅系」内のメモ魔など確実に該当する。つまり、
だれでもまわりくどいところはあるのですよと言っているようなものである。

あとがきが、さらに評価を下げた。なぜなら、著者自身がこの本のことを
「全部の章を箇条書きを用いた」「話しの進め方がロジカル」「論理的説得力
のある章構成にした」など自画自賛しだすのだ。どれだけ自分の文章に
自身があるのだろう。けっこう著者は自信家なのかもしれない。

おそらく、本書を読んだからといって、言葉足らずやまわりくどさが改善
されるとは、あまり思えない。「あー、いるいる、こういう人!」って思いたい
方は本書を読んでみては。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

<< 「男旗」は激熱です | ホーム | 新書紹介「アメリカ海兵隊」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。