プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

新書レポートVOL.3 知っておきたい日本経済70の勘どころ

知っておきたい日本経済70の勘どころ (生活人新書)知っておきたい日本経済70の勘どころ (生活人新書)
(2006/06)
住友信託銀行調査部

商品詳細を見る

【今回の新書】

<書名>知っておきたい日本経済70の勘どころ
<著者>住友信託銀行調査部  <出版社>NHK出版
<値段>777円      4140881844
<発売日>2006/06/09

【レビュー】 評価→★☆☆☆☆(星1つ)

〈購入理由〉
生まれてこのかたといっては大げさだが、それに近いくらい『経済』
というものに触れたことがない。日本経済新聞も読んだことがないと
言ってもいいくらいだ。

そんな私も、少しは日本の経済について学んでみたくなった。丸善で
本をパラパラとめくってみたが、グラフや%で統計的な調査結果
が載っているようだったので、調査の切り口とやらの勉強にもなる
のではと思った。

〈本の内容〉
経済に関する70のトピックスについて述べられている。
日本経済から始まり、産業系の話し、最後のほうでは家庭レベル
まで話しがダウンしていく構成となっている。
ほとんどが、調査という名にふさわしい記載のされ方をしていた。
つまり、XXXX年XX月~はXX%の伸び率であるなど、いわゆる
統計的なデータを記載しているのだ。

そうなると数字の羅列で非常につまらない本になってしまうかと
思いきや、ほとんどが耳にした事のある身近な話題だったりするので
問題なく読むことができる。まさに内容が今現在(2006年)であり、
今読まないと価値のない情報が記された本と言える。

〈私の感想〉
人と酒を飲むときに、「おれ(私)って経済について知識もなかなかな
もんなんだぜ(なのよ)」とかっこつけたい人が読むにはよいのでは
という感想である。
いや、もちろんとても役立つまめ知識がいっぱいだったのだが、
おそらく内容は浅い(経済のことをよく知らない私が言うのもなんだが)。

個人的に興味を持ったのは「産業界の新たな潮流」について書かれた
章である。以下、興味のわいたトピックスを列挙してみる。
◇デジタル家電は、松下やシャープのように垂直統合モデルでないと
 利益が確保できない
◇ジェネリック医薬品が通常の医薬品に比べ安価に作ることができ、
 これからの時代増えていく
◇リサイクルビジネスは日本ではリサイクルに目を向けられがちだが
 リユース、リデュースが重要
おー、まさに小噺の宝庫ではないか!知的な社会人を演出できます。

また、株の話しについてもけっこうなページに渡り、紹介されていたが
不勉強な私にはよく理解できなかった。SRIやPERやROEって言われて
もわかりません。株はもう少し大人になってから。。。

そうそう、先日さっそく友人に「今はBRICs(ブラジル・ロシア・インド・
中国4カ国を示し、経済成長が著しい新興国)だよね。」と会話
に使ってみた。案の上、友人には驚かれた。うーん、かっこつけな自分。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

<< 新書レポートVOL.4 Web2.0でビジネスが変わる | ホーム | 「ハーメルンのバイオリン弾き」は思いのほか名作だと思う件 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。