プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

『ノルウェイの森』今更ながら読んでみた

村上春樹の「ノルウェイの森」を今更ながら手にとってみる。会社のだれに聞いても
一回は読んでいるという人が多く、とてもメジャーな作品である。賛否両論ある本
ではあるが読んでみた。

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

ストーリーは主人公の男性と死んでしまった友達キズキの恋人直子や学校で出会った
緑との恋愛・官能小説。冒頭は主人公が中年になった頃から過去を回想する形式で
始まる。あとは若かりし頃の主人公の恋愛をメインテーマに人間関係の複雑さなども
同時に描く。

村上春樹作品を読むのは「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」ぶり。
村上春樹の作品に対する先入観としては、独特の世界観・お酒の表現がリアルで
かっこいい・ちょっと自分に酔ってるというかかっこつけた印象であったが、
「ノルウェイの森」は少し違ったように思う。けっこうリアルな人間模様があった。

特に印象的なのは永沢さんという頭もよく・なんでもでき・きれいな彼女もいて・
冷静な完璧に近い男性が出てくるのだが、主人公・永沢さん・その彼女ハツミ
さんとのカラミがなんか人間臭くて好きであった。

しかし、作品全体を通してなにか暗い印象を受ける。だれそれが死んでしまう
だとか、精神的に弱ってしまうなどが盛り込まれているからかもしれないが、
なんか鬱蒼とさせられる。また、妙に官能的な雰囲気があり、けだるい感じもある。

まあ、ノルウェイの森くらいは一回は目を通しておくことを薦める。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

<< つよきすって面白っ! | ホーム | 「おれの妹がこんなに可愛いわけがない」読みました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。