プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

かっこつけて、グレゴリーコルベール作品展行ってみた

main_photo.jpg

070616_1910~0001.jpg


お台場で、移動式美術館で展示中のグレゴリーコルベール作品展に
行ってきた。というか誘われたので、お台場に行ったついでに見て
きたというのが正しい。

まず、驚きなのが値段である。なんと1,900円もする!これは今まで
いった美術展の中でも相当高い。連れは、ちゃっかり500円で購入
したらしくニヤニヤである。

しかし、コンテナを組み立てた移動式美術館の形式をとっており、
輸送量やお台場という場所柄などでお金がかかっているのだろうから
この値段もいたしかたない。

作品はすべて天井からワイヤーでつるされており、アーティステック
な空間が演出されていた。動物関連の写真がメインである。

映画作品も同時に展示されており、3作品ほどオムニバスなかんじで
上映されていた。私には知的すぎて理解できませんでした。

まあ、値段の割にはというのが正直な感想。かつ、人多すぎ。。。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 江戸東京博物館の常設展 | ホーム | 何度行っても楽しい国立科学博物館 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。