プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

『涼宮ハルヒの憤慨』ではSOS団結束深まる

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)
(2006/04/28)
谷川 流

商品詳細を見る

ハルヒシリーズ8巻。私にしては1つのライトノベルシリーズをちゃんと読み進めている
のは珍しいなと思いつつ読んでみた。

今回は中編2本構成。「ハルヒ腕章が編集長に」「犬に幽霊と見せかけあの生命体が
寄生」である。

前者では、新キャラである生徒会長が登場(ついでにカマドウマ編で出てきた黄緑さん
も書記として出てきますが)。こいつは『組織』の力で生徒会長に就任しているのだが
なかなかぶっちゃけたときのキャラクターは好感が持てる。ストーリーは単純で本来
文芸部である以上成果を出さないと取り潰すぞって生徒会長が脅して、ハルヒがその
挑戦を受ける⇒文芸部成果物である冊子を作ることに⇒団員に書かせるという展開。
長門やみくるのストーリーはイマイチであったが、キョンの恋愛小説はけっこう最後
までオチが読めなくて面白かった。まあまあ。

後者は、SOS団の結束が深まってきているなと感じる作品。ストーリーはクラスメイト
からSOS団への依頼が入る⇒犬がおびえるなどの現象があって、幽霊騒ぎがある⇒
SOS団出発⇒現場に行くとクラスメイトの犬が急に元気なくなる⇒どうもよくわからん
生命体が寄生してしまった⇒長門の力で解決という展開。なんというか、あんま感想
のない話しだな。

今回は伏線の回収もなく、とりあえず出したといったところでしょうか。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 『涼宮ハルヒの分裂』では新展開 | ホーム | EアドベンチャーNEOはゲームバランスが・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。