プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

「涼宮ハルヒの動揺」感想

涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
(2005/03/31)
谷川 流

商品詳細を見る

第6巻の動揺。今回も短編。長門への一目ぼれ編、小泉雪山推理劇編、ハルヒ文化祭
ライブ編などなど。

やはり、アニメでも迫力あったけど、ハルヒが文化祭でライブする美談はちょっと
よい話しだね。感謝されることに慣れていないハルヒが上級生からお礼を言われる
シーンとかは名シーン。爽やかです。

長門一目ぼれとかは例によって、勘違いというか、あの影響というかというオチ
だったので想像通り。

小泉雪山推理劇編は小泉キャラ爆発だ。なんかハルヒを喜ばせるためとはいえ
頑張りすぎだろー。相変わらず、なんか小泉は鼻につくキャラクターだなぁ。
こんなこというのは、イケメンだからとか醜い嫉妬じゃないよ(汗)

まあ、暇つぶしにはよいですよ。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

<< 『崖の上のポニョ』観てきた | ホーム | 『ロッキン・ホース・バレリーナ』読みました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。