プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

「シークレット・ウインドウ」感想(テレビで見ました)

久々に日曜に家に早く帰ってきたので、ついつい日曜映画劇場を見てしまった。
今回見たのはシークレット・ウインドウで、ジョニーデップが主役の映画だ。
昔はジョニーデップの出演する映画はかたっぱしから見たが、最近はホント見れてない。。。
(パイレーツオブカリビアンくらいは見ているが、スウィーニートッドなどは見ていないわけだ)

extnews_Depp51BK24fSuJL.jpg


スティーブン・キングの原作を映画化したサスペンス映画である。売れっ子作家が妻との
離婚問題が遠因でスランプになる。そんな彼の前に、謎の男が現れる。謎の男は作家に
「自分の作品を盗作しただろ!世間に公表しないとひどい目にあわすぞ!」と脅しをかけて
くる。そして、謎の男の執拗な嫌がらせが続き・・・そんなかんじで物語は展開していく。

ここからネタバレ。。。

正直けっこうオチが読めてしまう作品であった。途中から明らかに作家の行動に矛盾が
出たりで、二重人格の気配が漂ってくるのである。そう、謎の男は作家が作り出した
別人格を持った自分なのだ。けっこうベタです。。。

そして作家はいろいろな人を傷つけたり、殺害したりしてくが、最後はつかまっていない
まま終幕を迎える。なんというか、奇妙な終わり方である。あれだけ派手に動き回れば
警察のお縄にかかってもよいものだが、つかまらず、地元警察にいつかつかまえるからな
と言われるだけなのである。

結論はいまいちってかんじで。ジョニーデップも思ったより普通なかんじでした。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

<< 東京都現代美術館で川俣正〔通路〕を見てきた | ホーム | 水上温泉へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。