プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

新書レポートVOL.17 今すぐできる!ファシリテ-ション

今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)
(2006/11/18)
堀 公俊

商品詳細を見る

【今回の新書】

<書名> 今すぐできる!ファシリテ-ション
<著者> 堀 公俊     <出版社> PHP研究所
<値段> 861円    4569658849
<発売日> 2006年11月20日
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9981405183

【レビュー】 評価→★☆☆☆☆(星1つ)

〈購入理由〉
会議や打ち合わせをする機会が増えてきている。上司の背中を見て
OJTで学ぶだけでなく、自分でも勉強が必要だと感じた。
会議や打ち合わせを円滑に進めるためのスキルを本書から学びたい。

〈本の内容〉
ファシリテーター(問題解決や合意形成を行い、あらゆる知的創造活動
を支援し、促進する進行役のこと)には4つのスキルが必要だと述べ、
それらを章ごとに順を追って説明していく。

1)場のデザインのスキル
2)対人関係のスキル
3)構造化のスキル
4)合意形成のスキル

〈私の感想〉
ここに書いてあるスキルは、ほぼモレなく全て上司が行っているため
目新しいノウハウは学べなかった。

もちろん、それらを体系立てて述べてくれているわけで、そういった
意味では自分の頭の中で整理ができた。今後、うまく使っていければ
と思う。

しかし、あくまでファシリテーターは進行役であり、決定権を持つ
リーダー(担当者)とは意味合いが異なる点は注意が必要だ。
ファシリエーターの使えるスキルとリーダーとしての決断力とを
うまく融合させることが重要だと感じた。
もちろん、ベストは会議、打ち合わせの場にファシリエーター
(進行役)、コーディネーター(調整役)、リーダー(決定者)が別々に
いることが望ましいわけだが。。。

本書の最後に書いてあった「会議を見れば組織がわかる」という言葉
は印象に残った。自由風土な会社ではフランクな会議が、官僚的な
会社では建前と予定調和な会議がということだ。

会議を変えることが組織を変える第一歩となるとも書いてあったので、
全員がそういう意識を持って会議を行っていければよいと思う。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

<< 「博士の愛した数式」感想 | ホーム | 新書レポートVOL.16 パソコンネットワークの仕組み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。