プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

新書レポートVOL.14 おまけより割引してほしい

おまけより割引してほしい―値ごろ感の経済心理学 (ちくま新書)おまけより割引してほしい―値ごろ感の経済心理学 (ちくま新書)
(2006/11)
徳田 賢二

商品詳細を見る

【今回の新書】

<書名> おまけより割引してほしい
<著者> 徳田 賢二   <出版社> 筑摩書房
<値段> 735円    448006334X
<発売日> 2006年11月08日
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9981362611

【レビュー】 評価→★★☆☆☆(星2つ)

〈購入理由〉
久々に"わざとらしい目をひくタイトル"の本を買おうと思って、
これにしてみた。他にも『ランチの行列に並んではいけない』
なども興味深いタイトルの新書もあったが、そちらはいかんせん
パラパラ見たらあまりにつまらなさそうなので購入はひかえた。

〈本の内容〉
『値ごろ感』というキーワードに沿って、値ごろ感に隠された
メカニズムを経済学・心理学の初歩的ツールで解明する。
具体的な事例を交え、すべての購買行動を値ごろ感にひもづけ
解説。

〈私の感想〉
まず感じたのが、なんでもかんでも値ごろ感という考え方で
書かれており辟易した。吉野家、i-pod、モスバーガー、マック、
衝動買いから目的買いまで全て、値ごろ感の説明がなされている。

これでは、人間がなにかに対価を払うとき、必ず値ごろ感を求め
感情すら勘定によって動かされていると言われているようで、
正しいのかもしれないが少々不快であった。

さて、内容の話しもしておこう。
まず気になるタイトルの種明かしをしておく(ネタバレ注意)。

《値ごろ感=価値(value)/費用(cost)》

の式で値ごろ感を表せるとしている。この式をもとに500円分の
価値があって、500円で売っている商品について考えてほしい。
この時点では値ごろ感=「1」である。

・割引の場合
100円割引すると、分母の費用が400円になり、値ごろ感=「1.25」。

・おまけの場合
100円分の価値のあるおまけをつけると、分子の価値が600になり、
値ごろ感=「1.2」。もし値ごろ感に「1.25」を求めるとすると
125円分の価値のあるおまけが必要となる。

つまり、同じ100円分の割引とおまけした場合は割引がお得に感じる
といった仕組みだ。

こういった感じで、本文のいたるところで市場の値ごろ感の仕組み
を具体的に解説してくれているので、経済学的な思考の持ち主には
おすすめである。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

<< 加納朋子作品感想2 | ホーム | SFC主催の現代リアル学を見学 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。