プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

「時をかける少女」感想(テレビで観ただけですが)

友達の家に遊びにいっていたら、偶然「時をかける少女」が21時から
テレビでやっていると聞き、いっしょに観ることにした。

この映画は、辛口のマニアな同僚も当時良いと褒めていたこともあり
観たかったので、ちょうどよかった。

N0008867_l.jpg


さて、内容だが、筒井康隆の小説『時をかける少女』が原作から約20
年後を舞台にした続編となる。主人公の真琴は理科室で転んだときに
タイムリープできる機械に触れてしまい、突然タイムリープの能力
が使えるようになる。この能力を使って、自分の都合の悪いことは
すぐになかったことにしてしまう真琴であったが、本当に使いたいと
思ったときには、この能力の制限回数がなくなってしまっていたのだ。
しかし、最後に1回だけ使えるチャンスが訪れ、その1回は大事な男性
のために使うのだ。

とても魅せる作品だと思う。ちょっと最初はジブリの耳をすませば系
なのかなと思ったが、全然違うものであった。

高校生の微妙な恋愛感もうまく描かれており、最後まで結末はどうなる
んだろうと読ませない。真琴と千昭が結局うまくいったのか、いって
ないのかを曖昧にしたままであったのが、少し心残りではあったが
あっとうまの2時間であった。

そして、旧作のファンにはたまらない、真琴のオバにあたる芳山和子
が出てきて、思い出の写真が一瞬移ったりするシーンは、なかなかの
ものである。まだ20年待っても、未来からの待ち人と会えてない芳山
和子なのであろうか。こういう小ネタは嬉しい。

でもラベンダーを出してこなかったのは意外であった。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

<< しながわ水族館にシュールな展示物が | ホーム | なんというか勝てないね、CRバードカーニバル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。