プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

『クライマーズ・ハイ』『西の魔女が死んだ』を読んだ

久々に活字が読みたくなったので、ブックオフでメジャーどころを購入してみた。
うん、出版業界的にはあれだけでブックオフは安いよね。。。今回購入したのは
「クライマーズハイ」「西の魔女が死んだ」である。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
(2006/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る

クライマーズハイのあらすじは、群馬県境の山に墜落したジャンボ機とそれを取材する
地元新聞記者の話である。主人公は新聞社のデスクであり、この事件を取り扱うが
大きすぎる事件がゆえに、古い世代(大久保・連赤事件に関連した)とぶつかりつつ
様々な決断を迫られるのである。

これは映画化されただけあり、新聞社で働く者たちの葛藤がよく描かれていた。とても
リアルなやりとりが描かれており、リアルがゆえにどんどん引き込まれていく。会社
の汚い部分も見えたり、部下の想いを組めなかったり、なんというか非常に胃が痛く
なるような決断を次々に主人公はくだしていくのである。なかなかオススメの1冊!

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

西の魔女が死んだのあらすじは、主人公のまいが、自らを魔女と呼ぶおばあちゃんと
過ごしていた頃を回想する物語である。まいは思春期の傷つきやすい少女であり、静養
としておばあちゃんと一時期暮らすのである。

梨木香歩の作品は初めて読んだが、とても透き通った作品である。読んでいるときも
読み終わったあとも非常に清涼感がある。少し悲しくて、あったかい話しである。
この魔女と呼ばれるおばあちゃんの人としてのあったかさや少女の想いなどがよい味
を出す。ほっこりしたいときに読みたい1冊である。

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。