プロフィール

NIPハンター

Author:NIPハンター
文化芸術に造詣の深い人物になりたいと思い立ってから、早数年。いまだになれません。

一方で「そんな昔のことは忘れたね」「そんな先のことはわからない」なんてシレっと言える人物にも憧れつつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

当ブログについて

●当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンクしてください。                ●当サイトではレビューのために、文章・画像などを引用することがあります。文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。引用以外の文章・画像の著作権については、当サイト管理人に帰属します。                ●当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング参戦

「ポチっとな」と押したってください

FC2ランキングタグ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

ジェームスキャメロン監督『アバター』を観た

正月明けの1/2に久々に連れと一緒に映画を観てきた。20:40からの回で字幕・3Dの回
を選択した。やはりこの映画を観るなら3Dでありたい。

入場口で3Dメガネを受け取り、いざ入場。地元系の目立たない映画館にも関わらず
ほぼ満席・・・話題作だけあり、思いのほか人気のようだ。正月からみんなヒマだな
(お前もな)。

avatar44.jpg

この映画は、負傷兵となったマリーンの男性が主人公で、時代は2150年中頃で、科学
もだいぶ発達している時代である。主人公は車椅子生活(本当はお金があればすぐ
にでも治せるのだが、お金がないため治せないままでいる)で、双子の兄弟は科学者
という設定。双子の兄弟はアバター・プロジェクトの参加者であったのだが、不慮の
事故により主人公に白羽の矢が立つ。アバター・プロジェクトには非常にお金が
かかっており、アバターというパンドラという星の現地人の姿をした人形1体作り直す
より同じDNAを持つ主人公なら代替できるという理由で選ばれるのだ。

さて、このパンドラという星には、1kgあたり2000万ドルという鉱石が埋まっている
宝の星である。しかし、現地人ナヴィたちの済む地域の下に鉱石があるということも
あり、なかなか発掘するに至らない。そのため、まずは交渉して穏便にしませようと
いう作戦のもと、主人公はアバターにリンクしてナヴィの仲間となり、信頼を得よう
と行動するのである。

主人公は仲間になり、パンドラの自然と調和の取れた美しい世界に魅せられ、だんだん
と軍部の進め方に疑問を持ち始める。しかし、すでに時間はなく軍部は強行突破に乗り
出すのであった。

さて、感想だが、内容は至って王道であった。仲間になる→ナヴィの美しい女と出会う
→その女に1人前のナヴィの戦士に育ててもらう→女と恋に落ちる→地球の破壊兵器に
よる殺戮と略奪→一回逃げるが更に力をつけて立ち向かう→軍のボスを倒す→最後は
ハッピーエンドという流れだ。そういった意味では、まったくステレオタイプすぎる
展開にびっくりする。

映像はやはり迫力のある壮大なかんじであった。空中に浮かぶ島や、パンドラに住む
獰猛な生き物たち、ドラゴンの出現など。あれ、なんかラピュタともののけ姫じゃね
という無粋なつっこみは控えていただきたい。

いやぁ、でもドラゴンと絆を結ぶシーンやドラゴンのさらに強いドラゴンを仲間に
して勇者っぽい称号を得るとか少年心がくすぐられるシーンは多かった。これは子供
に見せても喜ぶかもです。

最後のエイワの力を借りて、アバターから本物のナヴィの一員になるといったオチ
も読めたが、思ったより3時間飽きずに観られる作品でした。総評はまあまあ!

スポンサーサイト

------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-』を観た(DVD)

連れと泊まりにいったとき、DVDを借りて「ハイド・アンド・シーク」を観た。たまには
ホラーものをということで選択。ロバートデニーロの名演に期待しつつである。

hideandseek.jpg

ストーリーは、自分の母親の自殺の現場を見てしまった女の子(エミリー)は心を
閉ざしてしまう。それを心配した父であり心理学者でもあるデイヴィッドは、エミリー
と飼い猫のセバスチャンと一緒にニューヨーク郊外に移り住むことにする。しかし、
そこでエミリーは見えない友達、チャーリーと遊ぶようになる。(wikiより抜粋)

さて、ネタバレになるが、このチャーリーというのがこの話のキモであり、オチでも
ある。チャーリーはエミリーと遊んでいるのだが、父親はこのチャーリーは空想の
人でエミリーが精神的に病んでいると考える。エミリーに問い詰めてもチャーリー
がどういった人なのか教えてくれない、いや父親に教えることを拒むのである。

そして、このチャーリーは次々と人やネコなどの動物を殺していくのだ。さて、勘の
よい人ならすぐに気づくかもだが、この父親は過去に妻が浮気するのを目撃しており
その自殺によって二重人格となっていたのだ。つまり、父親=チャーリーなのである。

この展開はジョニーデップが主演のシークレットウィンドウなどと同様の展開であり
わりかし読みやすい展開であった。あまり、残虐なシーンはなく、どちらかといえば
このチャーリーという存在のミステリアス感を楽しむ映画だと思うが、すぐにオチが
読めてしまうため、最後まで見なくてもよいかもしれない。。。


------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

映画『MW(ムウ)』を観てきた

連れと会って食事まで時間があったので、渋谷の映画館に行くことにした。16:30頃
からスタートの映画を探し、とりあえずというかんじで選択したのが、今回観た『MW』
である。

film_mw_images.jpg

手塚治虫原作で、冷酷な殺人鬼である主人公(玉木宏)の復讐(ふくしゅう)劇を
描いた作品。主人公を止めようとする神父役で山田孝之が出演していたり、俳優人は
豪華である。

内容は至って単純で子供のころに毒ガスで街を消滅させられ両親も殺された主人公が
ダークヒーロー的な役回りで、次々と当時の要人たちを殺害していくといったもの。
殺しの描写もけっこうあり、グロいシーンも多々あった。

なんせ玉木宏の一人舞台といった印象。タンクトップ姿から白スーツ姿など様々な
衣装を披露してくれる。あー、そうですね、かっこいいですね~。内容のしょぼさを
そこでカバーしていくつもりでしょうか。かなりデスノートの夜神月とキャラが
かぶる(劣化版?)。

あと、なんといっても主要なキャラがどんどん死んでいくところもすごい。神父は
もちろん、新聞記者なども死んでしまい、生き残るのは小数。

ネタバレですが、主人公だけは案の定死んだと思わせて生き残っているので、
続編を作ろうと思えば作れるかもしれません。個人的には、もう寿命があとわずか
と言われている主人公がまだ元気に生き残っていることが不思議で仕方ないですね。


------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観て来た

会社のエヴァ好きが集まって、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を見に行った。事前に
席予約をしたものの、やはり大人気であり一番前のほうの席であった。そのうえ、
関連グッズはほとんどSOLD OUTであり、改めて人気のすごさを知った。

eva_ha.jpg

本作は序破急の破にあたり、第2作目。前作の流れから行けば、アスカ来日くらいから
始まり、またなぞっていくのかなと思っていたら、初っ端から全然違った展開で
スタートする。例の新キャラである真希波・マリ・イラストリアスが出てくるので
ある。仮設5号機という機体に乗り、いきなり使途を撃破するシーンから始める。

やはり特筆すべきは第7使途と第8使途との戦いであろう。第7使途はTV版では、トウジ
を殺してしまう有名なシーンがあるが、そこが対アスカとなっており、アスカの乗る
プラグを壊してしまうという驚き展開(アスカは一命は取り留めているが、植物状態
に近い状況となる)。また第8使途では、TV版では初号機が使途を捕食するシーンが
逆に使途にエヴァンゲリオンが捕食されるという逆転展開となっているのだ。

映画は、第8使途戦までのいいところで終わってしまうが、続きがメチャクチャ気に
なる映画です!

なお、使途を死海文書の予言通りに倒していくと虹が発生しているのだが、第8使途
のときはこれが出てこない。ここに重要な意味があるのか!?

なお、次回予告では序破急の急がQになっていましたよー。


------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

『20世紀少年(第1章)』を観た(テレビにて)

連れの家に遊びに行ったときに、ちょうど20世紀少年 第1章がテレビで録画していた
というので見せてもらうことにした。というか連れの家のテレビ大きいのでグッド。

マンガ好きな私だが、実は浦沢直木作品はなにげに読んでいなかったりする。原作者
が別にいた時代は好きだったので、パイナップルアーミーだとかマスターキートンは
読んでいるが、モンスター・HAPPY・20世紀少年など読んでいない。プルートゥは
少し読んでますが。

というわけで実はあらすじを知らず観ることとなるのである。

20080828000ec00000viewrsz150x.jpg

ストーリーはケンジという主人公の男性が昔書いた予言の書の文言通りに地球滅亡
計画が実現されていく中、それらを阻止するために奮闘するというもの。

原作を読んでいないものの中途半端にストーリーを知っているため、思いのほか
楽しめなかった。確か黒幕はすごくマイナーないたっけこんなやつという意外な
キャラで、そのうえ伏線を回収しきれていないという原作状況を知っていると
嫌なかんじです。

第1章はケンジがオワタになったところで終わっており、よい引きを見せているので
第2章も見たくなるものの、全体的にははまるといったかんじではありません。


------------------------------
「ポチっとな」と押したってください
FC2ランキングタグ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。